読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiwakucha’s diary

松本が好きで移住し、ママになった私の育児奮闘記です。 妊娠出産時のこと、日々の松本の景色を織り交ぜてつづります。

生後4ヶ月 ギャルリ灰月とパルコへ

生後4ヶ月になる昨日は、車でベビーを連れて私が好きなギャラリーショップと、その隣にあるパルコに買い物へ。

両店近くの駐車場に着いて、バギーで行こうかとも思いましたが、マキシコシをベビーシートからバギーに着けて、また帰りにベビーシートに戻す作業を私一人で、狭く薄暗く坂のある立体駐車場でするのは危険だと判断。それにギャラリーは二階でエレベーターなしなので、抱っこ紐で行きました。装着にはだいぶ慣れ、ベビーは泣かず。私の腰が大丈夫か心配でしたが、なんとか持ちました。私の身体もだいぶもとに戻っているようです。

灰月さんにはベビーのことを話してありましたが一緒に行くのは初めて。ベビーは起きていて、抱っこ紐の口に当たるところを舐めちゃうので、口元にハンカチをあてていましたが、それを舐めてよだれでしっとり。それは食べないよ〜と言っても、ぺろぺろしてるところがかわいい。みんなニコニコしていました。久しぶりにお会いできた、リトアニアと日本を繋ぐLTショップの松田さんからじきじきに接客を受けて幸せ。ベビーは一瞬ぐずり、お腹がすいたかなぁと、車に一度戻ろうかと思いましたが、リトアニアで手作りされた小さな鳥の置物(笛になっている!)を見せてあやしたらキョトンとして泣き止み、しばらくしたらねんね。

MUKUのリトアニアリネンの服はどれも素敵。“暮らしの道具としての衣類”を、リトアニアのアーティスト夫妻が作っています。値は張りますが、シンプルながら他にはない洗練されたデザイン、家で洗濯できる(重要!)ので日々着られます。リネンは夏は涼しく、冬は暖かく、端境期にも大活躍。2014年の秋に出会ってから、大ファンに。松本にいる私がMUKUを手にできるのもひとえに松田さんのおかげ。感謝です。東京、神宮前にあるお店にもまた行きたいなぁ。

心満たされ、その足でパルコの無印へ。パルコの授乳室は前に一人で来た時に下見しておいたので、いざとなればと思っていましたが、今回は行く必要なく。だいぶ自由に好きなところに行けるようになってきました。

ベビーにも素敵な人やものにたくさん出会って欲しいな、と思う、あっという間の生後4ヶ月です。