読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiwakucha’s diary

松本が好きで移住し、ママになった私の育児奮闘記です。 妊娠出産時のこと、日々の松本の景色を織り交ぜてつづります。

七ヶ月 七夕 いのり

今月でベビーは生後七ヶ月です。早い。本当に、早い。五ヶ月くらいからが、早いです。

月曜日から木曜日までは母が来ていました。JRの大人の休日切符を使って、新潟から横浜を回って松本に来ました。何やらJRの定める乗り放題の期間があるらしく、それを利用してお得に旅しているようです。

ベビーともども元気です。晴れると猛暑、くもるとじめじめ。

昨日は詩人で絵本作家のお話を聞きに行きました。ベビーは母に見ていてもらい、久しぶりの、ひとり行動。

詩人のお話をかいつまむと、看板職人だったが、怪我のため続けられなくなり、生活のために絵本作家になった。絵描きさんのスタイルに合わせた言葉を選んで詩(テキスト)を作る。単に創作しているのではなく、売るための仕組みを考える。印税のことも語られた。絵本作りの生々しいお話を聞けた。

今日は子どものためのヴァイオリンとピアノのミニコンサートに行って来た。たくさんの親子連れやじいじばあばが集まって、賑やかなコンサートだった。となりのトトロの曲で、私、なんか、感極まる。子どものころ、留守番というとトトロのビデオを見ていたものです。

ベビーといると、自分の子どものころや学生時代の記憶が時々ふーっと頭に浮かんでくる。ベビーくらいの時のことは覚えていませんが。家族旅行の時のこと、友達と遊んだ時のこと。

母も、私がベビーくらいだった時のことは忘れちゃった、どうだったかなぁ、と言いながらも、ベビーを見ていると、私が赤ちゃんだった頃を思い出して、あぁ、こういうかんじではなくて、こうしてたなぁ、とか言っています。


松本の七夕祭りは、桃の節句端午の節句と同じく、やはり月遅れで、来月の7日です。ですが、各地のこどもプラザでは七夕会が催されていました。先週は私もこどもプラザで七夕飾りを作りました。何十年かぶりに短冊に願いごとを書きました。季節の行事を楽しむって、いいですね。

こういう、ささやかな日常が、これから先も、ちゃんと、続いていきますように。