読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiwakucha’s diary

松本が好きで移住し、ママになった私の育児奮闘記です。 妊娠出産時のこと、日々の松本の景色を織り交ぜてつづります。

夜泣き 卵の黄身 一人で頑張らない〜話す

最近、一度19時30分から20時30分の間に寝かしつけても、22時頃泣いて起きるように。これはもしや、夜泣きでしょうか。

せっかく一時間くらいかけて寝かしつけたのに、なぜまた起きる。ベビーは日中起きている時間も長くなり、かなり動きまわるので、なるべくこどもプラザなど外に出かけるようにしていますが、それはそれで私も体力気力を使うので、ベビー以上に自分がヘロヘロです。

夜泣きしたら、夜中の授乳をしないといいという話を、つどいの広場の先生から聞きました。奇しくも同じことを、雑誌でも読みましたので、そうしてみようと思います。でも、泣かれるとあげちゃうんだよな。。


今日は懸案だった卵の黄身デビューしました。幸いアレルギー反応は出ず。次は白身にトライです。白身の方がアレルギーが出る可能性があるというのは、なんとなく意外です。


ベビーが動くようになり、離乳食は一日二回に。ねんねの頃とは違う大変さ。これも一時のこと。あまりこん詰めずにやっていこう。

でもこれ、一人きりでやってたら、病みますね。私の場合は、夫が忙しくて私が大変なことを分かってくださっているお義母さんが、仕事がない時はお願いすればベビーをみてくださるので、かなり助かっています。それから家事は夫にもやってもらうようにしています。ゴミ出しやお皿洗い、洗濯。夫を教育?するのも一仕事ですね。私が思う通りにしてもらうのは無理でも、6割の到達点に達してもらえるだけでもありがたいと思うようにしています。頼れる人には頼ってやっていかないと、一人で完璧を目指していては、身が持たないです。一人で頑張らない。部屋が片付かなかったりしてイライラしがちですけど、頼れる人には、自分の状況を冷静に話すことが大切だと思うこの頃です。聞いてもらえるように、あまり感情的にならないように話すのが今の私には難しいのですが。

ところで先日の試し保育は、無事に済みました。ベビーは別れ際ギャン泣きしていました。私も一時間ちょっと、落ち着きませんでした。お互いに慣れないといけませんね。

松本も夏本番の暑さです。