shiwakucha’s diary

松本が好きで移住し、ママになった私の育児奮闘記です。 妊娠出産時のこと、日々の松本の景色を織り交ぜてつづります。

生後2ヶ月を迎えて。

1月7日に一ヶ月検診を母子ともに無事にクリアして一安心からあっという間に一ヶ月。

最初の一ヶ月は何もかもがはじめてで、産後の私の体は骨盤がガッタガタのホネホネロック状態で思うように動けないし、切開の傷は痛くて円座クッションがないと座れないし、3時間おきの授乳は母子ともに慣れなくて、授乳の姿勢を整えるのに時間がかかるし、やっと整ったと思えば赤ちゃんは寝ちゃって飲まないし、なんとか飲んでも横に寝せると吐いてしまって困りましたが、そういうこともひと月経つと徐々に少なくなってきて、自分の体も快復してきて、楽になってきました。

抱っこもはじめは手首に力が入っちゃって腱鞘炎になったし、3キロを常に持ち上げてるのは結構きつくて腰も痛めましたが、それもだいぶ慣れてきたのでよくなって、今は育児してその合間に家事をするという生活のペースも掴めてきて、元気にやっています。

でも時々、赤ちゃんと家に軟禁状態で息が詰まりそうになり、火がついたように泣いて泣き止まない我が子を前に、私も一緒に泣いたりしてます?そんな時はネットで育児サイトを見て、そういうものなんだ、みんな大変なんだと知って、そんなに落ち込まずにやっています。が、ひどく夫にあたることもあります。それについてはまた後ほど詳しくお話したいと思いますが、妊娠期もそうでしたが、そういうのはどうやら女性ホルモンの仕業のようです。ホルモンのせいと言われると、私がおかしいのでないのだと思える。

赤ちゃんは首がすわるともう少し楽なのかな、あたたかくなって赤ちゃんとお出かけできるようになれば気晴らしもできるかな、と思ったりしています。

すべてのお母さんはみんなこれをやってきたのかと思うと、尊敬の思いでいっぱいです!!

以上、久しぶりに近況のご報告させていただきました。まだ寒い日が続きますので、皆様あたたかくお元気でお過ごしください!